main

高い機能性を持ち、より美しくなった入れ歯

入れ歯は古くからある治療法のひとつですが、材料や技術の進化により、より快適で機能性に富み、より美しい義歯(入れ歯)へと進化し続けていることをご存知ですか?
現在、インプラントのリスクや介護の現場で誤嚥性肺炎などの口腔内のケアが問題視され始め、義歯が再び脚光を浴びています。それは、インプラントなどに比べ侵襲性が低く身体に優しいこと、脱着可能なことから清掃性が高い(お手入れしやすい)ことなど良い点が評価され見直されてきているのです。

義歯は、歴史ある治療法だけに、様々な材料、構造系形態など多岐にわたり様々なニーズに対応できるように研究が続けられてきました。それだけに、完成度も高く、しっかりとした技術により、満足度の高い義歯をご提供できると考えております。痛みにくいように入れ歯の内面を柔らかい材料で覆ったものや、バネが見えずに見栄えの良いノンクラスプデンチャー、よくフィットし装着感が良好で機能性の高い金属床義歯など、お一人お一人のニーズに合わせてオーダーメイドでお作りいたします。お悩みや、ご要望のある方は、お気軽におたずね下さい。

※保険適応の義歯は、使用できる材料や形は、保険で決められたものに制限されます。
その制約の範囲内で最大限良い治療結果が得られるように義歯の製作を行っております。

現在、義歯(入れ歯)をご使用の皆様へ

「痛みがある」「緩い」「噛みにくい」「何度作ってもしっくりこない」など義歯の違和感でお悩みの方、「こんなものだ」とあきらめていませんか?
適合の落ちてしまった義歯を使い続けると、顎の骨が変形し、噛合わせもずれ込み、元の正しい位置で噛めなくなりますので、痛みや不快症状が増してきます。そんな、ずれて不安定な状態から新しく義歯を作り直しても、すぐには上手に使用できません。

減ってしまった顎の骨に負担がかからないように型取りし、ズレてしまった噛合わせを、元の位置に戻すため、リハビリテーションのため治療用義歯を製作し、調整を行う必要があります。このようなリハビリの期間は、その人、その症例で様々ですが、数か月間かかる場合が多いです。
 

歯周治療やインプラントなどの治療が発達した現在ですが、最終的に義歯(入れ歯)を使用することになる方は多くいらっしゃいます。そのような場合、多くは、顎の骨の吸収や噛合わせのずれなどのリスクを既に抱えている場合(マイナススタートの状態)がほとんどです。義歯は読んで字のごとく「義手」「義足」と同じく「使いこなす」ことが出来なければ機能しません。患者様の治療への理解と、機能的・精神的な「慣れ」=「訓練」が不可欠なのです。特に、一度ずれてしまうと、それを取り戻すのは大変です。そうならない為にも、治療終了後も、定期的に3~6か月に一度は調整を兼ねたメンテナンスを受けて頂くことが大切になります。

院内の写真

ブログカテゴリ

アーカイブ

治療科目
  • 虫歯の治療(MI治療)
  • お口のクリーニング
  • ホワイトニング
  • 審美的治療
  • お子様の治療
  • 歯周病
  • 入れ歯