スタッフブログ

エナメル質と酸

皆さま、酸蝕歯(さんしょくし)ってご存知ですか?
最近はテレビや新聞でもよく取り上げられていますね。
それはよく耳にする「酸性のもので歯が溶ける」と言うことです。

歯の1番外側はエナメル質というとても硬いもので覆われていますが、エナメル質は酸にとても弱いです。
エナメル質が溶けると冷たいものでしみやすくなったり、歯が薄くなってしまう等様々な症状が出ます。

酸性のものとは、炭酸飲料はもちろんスポーツドリンクやワイン、お酢、グレープフルーツやヨーグルトも酸性ですので歯を溶かしてしまいます。

しかしお酢やヨーグルト等、体に良いものを歯のために我慢するのは少し違和感がありますよね。
もちろん飲食後に出来る予防法があります!

★酸性のものを口にしたあとはお水で口をゆすぐ
酸性のものが口の中に残っているとどんどん歯を溶かしてしまいます。飲食後はお口をゆすいで洗い流しましょう

★飲食後すぐに歯を磨かない
酸性のものを飲食した直後は歯の表面が柔らかくなっており、その状態で歯を磨くと歯がすり減ってしまうので、約30分後に歯磨きをしましょう

★スポーツドリンクや炭酸飲料はストローで飲む
出来るだけ酸が歯に接触しないよう、ストローで飲むことが有効です

予防法はとても簡単なことなので、すぐに始められそうですね!
炭酸飲料やスポーツドリンクが美味しい季節になりますね。歯が溶けてしまう前にしっかりと予防し、症状が出ていないか歯医者さんで定期的に見てもらいましょう。

投稿日:2018.06.01カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

院内の写真

ブログカテゴリ

アーカイブ

治療科目
  • 虫歯の治療(MI治療)
  • お口のクリーニング
  • ホワイトニング
  • 審美的治療
  • お子様の治療
  • 歯周病
  • 入れ歯